【生活支援体制整備事業】緊急事態宣言中の活動報告、および、活動のヒントをお知らせします。

 令和2年5月18日~5月27日に、所沢市内の「応援します!地域福祉活動助成」申請団体、および、子どもの居場所づくり助成金申請団体向けに、「緊急事態宣言中でのボランティア・市民活動状況調査」を実施しました。集計結果と共に、緊急事態宣言中に新たに始めた取り組みや、「新しい生活様式」の中で取組めそうな活動の参考例も紹介しますので、「人とのつながりを切らない」ようご活用ください。

【緊急事態宣言中に始めた新たな取り組み】(一部抜粋)
・サロン(地域の居場所)利用者へ、定期的に「お元気ですか?」コールをした。
・サロン(地域の居場所)利用者を対象に、介護予防のチラシをポスティングした。生活上の困りごと
はないかのアンケート調査を実施。結果を通信にまとめて、定期的に届けている。

※詳しくは下記のPDFファイルでご覧ください。
緊急事態宣言中でのボランティア・市民活動状況調査結果(PDFファイル)
↓こちらからダウンロードして下さい(PDFファイル)
「緊急事態宣言中、所沢市内で取り組まれていた活動を紹介します」紹介チラシ
↓こちらからダウンロードして下さい(PDFファイル)↓ 
ページの
一番上へ